エルゴの腰バックルの修理は自分でできる。保証期間外でも公式で対応可!




我が家の抱っこ紐は、エルゴをつかっています。

息子が1歳をむかえたばかりなので抱っこ紐はまだまだゼッタイの必需品です。

エルゴを使わない日はないというくらい愛用している我が家の抱っこ紐に、先日トラブルが発生しました。

振り返ってみればエルゴが使えなかった期間は丸1日だけでしたが、ほんとうに大変でした。

自分がこんなに抱っこ紐に頼っていたとはと痛感。

エルゴにまさかの緊急事態がおこった時の我が家の体験談を書いていきます。

あなたの抱っこ紐の万が一のときのご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク






エルゴの腰のバックルが壊れた

我が家は娘のときからエルゴの抱っこ紐にお世話になっています。

娘のときはまだ、エルゴを新生児に使用するときは、べつに付属品(インサート)をセットしないと使えない抱っこ紐しかありませんでした。

しかし、それだと手間がかかると思って、新生児専用の抱っこ紐も用意しました。

↑コレ、めちゃくちゃ重宝しました。

上の娘はとくに寝ない赤ちゃんだったので、このビョルンの抱っこ紐でずーーーっとゆらゆらしてました。

抱っこだけだと体力がもたなかったのと、このベビービョルンの抱っこ紐にいれると娘もお利口に寝てくれることも多かったので寝ない赤ちゃんにはとくにおすすめです。

娘は赤ちゃんのときはパパだめっ子でしたが、このベビービョルンの抱っこ紐が大好きだったので、この抱っこ紐をつければパパでも泣かずに大丈夫でした。

装着もしやすいのでパパでも簡単に使えますよ!

このように娘の赤ちゃんのころからずっと抱っこ紐は我が家にとって絶対なくてはならない必需品でした。

ちなみに4歳差である下の息子は、娘のとき以上に抱っこマンなので抱っこ紐の装着頻度は増すばかりです。

それがある日、おでかけから帰ってきて息子を抱っこ紐からおろして、エルゴの腰のバックルをはずしたときになんと…

エルゴの腰バックルが割れてしまったのです!!!

破損したのは腰のバックル

息子をおろしたあと、エルゴをはずそうとして腰のバックルをいつも通り「カチッ」としたらいつもより手ごたえがなく、おかしいと思って確認しました。

付けたときに上になる部分が破損していました。

↑バックルの壊れた部分です。

↑こんな感じに割れてしまいました。

エルゴが壊れたのを確認したときの時間はまだ昼の1時です。

これからまだ洗濯物を取り込んだり、夕飯をつくったり、寝かしつけしたりやらなければならない家事はたくさんあるので抱っこ紐が使えないなんて困った!!!

すぐに新しいエルゴを買いに行くことも考えましたが、ベビーカーに長時間お利口に座っていられるような子ではないし。。。

ひとまず主人にLINEで状況をつたえ、「どうしよう!!」と相談しました。

エルゴの抱っこ紐の修理をしてくれるところはあるけど

主人が調べてくれた情報によると、公式ではないけれど個人でエルゴの修理を取り扱っている会社があるとのこと。

現品(壊れた抱っこ紐)が修理屋さんに到着してから3営業日以内に直して発送してくれるそうです。

多少時間はかかってしまうけれど、エルゴの新品を買うより費用はおさえられそう。

しかし・・・

主人 「でも心配性なママ(わたしのこと)が一番安心できる方法は新品を買うことだと思うから、新しい抱っこ紐を買ってもいいよ!」

やさしい主人の言葉にうれしくなりました。

でもエルゴをいまから新しく買い替えるのか・・・ちょっともったいない気がしちゃうな。

と検索魔と化して、ほかに何かいい方法がないものかと探していたら

「オフィシャルに助けてもらいました!」

という体験談のブログを見つけました。

もはや悩んでいる時間はないので、すぐさまわたしもエルゴのカスタマーセンターに問い合わせてみることにしました。

エルゴ公式サイトに電話で問い合わせた

「エルゴ 問い合わせ」

で検索をかけるとエルゴの公式HPのサポート欄からお問い合わせページにたどり着きました。

メールか電話どちらでも対応してもらえるそうですが、緊急事態でしたのでもちろん電話です。

【エルゴ問い合わせ電話番号】

☎ 0120‐880188

※受付時間は平日のみ10時から17時

ダッドウェイお客様相談窓口に事情を説明

エルゴのサポートセンターに電話するとすぐに担当者の方につなげてもらえます。

まずエルゴの抱っこ紐が壊れてしまったというこちらの状況を簡単につたえると、先方からいくつか質問がありました。

①買った時期(娘が生まれたときなので5年ちかく前です)

→担当者「長らくのご愛用ありがとうございます。」

②買った場所(さいたま市内のそごうのベビー用品売り場です)

→担当者「正規取り扱い店舗でご購入いただき、誠にありがとうございます」

③抱っこ紐の特定(色はグレーで、白い糸の刺繍でetc…)

→担当者「詳しいご説明ありがとうございます。お客様のお使いのシリーズは○○○です」

④破損箇所の詳細(腰のバックルでカチッといれるほうです)

→担当者「腰のバックルで、装着した時になかに入るほうの部分ですね

こんなやりとりを交わしましたが、電話口の担当者のかたがマダムのようなとても品の良くて感じのいい方だったので不安な気持ちがすこし緩和されました。

※マニュアルなのかは分かりませんが、まじで逐一かんじのイイ女性でした!!

ちなみに保証期間もとっくに切れていたし、保証書なども手元にありませんでした。

すべてわたしからの聞き取りのみで、たくさんあるエルゴの抱っこ紐のなかから我が家のエルゴを特定してくれました。

腰バックル破損部分の交換のみ!自分で修理可能!

幸い今回は、破損してしまった部分を替えの部品と付け替えるだけで済むということでした!!

担当者さんからいくつか質問を受けたあと、しばらくお待ちくださいと先方で在庫の確認をしてもらいました。

有難いことに、同じ色の替えバックルの在庫があるとのことですぐに送ってくれることになりました。

(直せるのならもう色はなんでも大丈夫です!とは伝えましたが、すぐに発送できる在庫で同じ色があってラッキーでした)

それから、替えのバックルが到着したのはなんと翌日の午前中!!早急な対応にほんとうに感謝です。

部品の付け替え。ちょっとコツが必要

破損してしまった部分の付け替えのみなので作業自体はとても簡単です。

破損してしまった部品の替えの部品と一緒に、バックルの装着方法がくわしく記載された説明書も送付されてきます。

動画でもバックルの交換方法が公開されていて、QRコードものっています。

でもちょっとコツがいります。

今回、わたしは母と二人がかりでバックルの交換作業を行いましたが、実際のところとても力がいる作業なのでできれば男の人にやってもらう方がスムーズだと思います。

修理してみてわかりましたが、ペンチを用意して作業をおこなうことを推奨します。

※説明書にもペンチを使うこと!と書いてあります。

作業的には、故障したバックルをナイロンベルトからはずして新しいバックルを装着するだけなんですが…

作業自体はとてもシンプル、しかしかなり力がいる作業です。←何度も言う。ほんと力づくです(笑)

↑黄色の〇でかこった部分がすごく通しにくい。

上の写真の部分なのですが、バックルを通すベルトの先端がとても分厚く、頑丈に作られています。

装着したときの重みや、衝撃でベルトからバックルがはずれてしまうという事故を防ぐためにカンタンには抜いたり入れたりできないようになっています。

そのため、壊れたバックルをベルトからはずすだけでもかなり手間取ってしまいました。

そしてとくに大変なのは、ナイロンベルトに新しいバックルを装着するときです。

矢印の方向にバックルにベルトを通します。

ここでコツをひとつご紹介します。

↑の写真のようにまずは、片方のベルトの先端を完全にバックルに通しちゃってください。

Aの部分を先にバックルに通して、あとからBをひっぱる方法が最速です。

Aが通ってしまえば、Bをひっぱるのに持てる面積が多くなるので、Bは割とカンタンに通すことができるはずです。

修理にかかった費用の総額

わたしはエルゴの公式サイトに助けてもらい、無事にエルゴの修理を完了させました。

今回、わたしは正規品専用の部品をエルゴの公式から購入しました。

エルゴが壊れてしまったとき、新品を購入するかとても迷いましたが有難いことに修理というかたちがとれたのでとてもラッキーでした。

結局、エルゴを直すのにかかった費用は総額1,540円です。

【修理費内訳】

ウエストベルト用凸バックル:550円(税込)

送料:660円(税込)

代金引換手数料:330円(税込)

※支払い方法は代引きのみ


総額:1,540円

500円の新品バックルを購入するのに代引き込みで1500円もかかってしまったと思うと高くかんじますが、しかしわたしは大満足です。

全然高くない。

抱っこ紐が使えなかった期間もたった1日で済んだので結果オーライでした。

ちなみに今回、わたしが破損した腰凸バックルはエルゴの店舗でも取り扱いがなく、お取り寄せになります。

つまり、わたしがとった方法が一番最速の修理方法になります。

まとめ

エルゴが壊れるときは突然やってきます。

うちは娘と息子の年齢差が4つあります。

つまり我が家のエルゴは、もう5年も前のだっこ紐なんですよね。

それにもかかわらず、ちゃんとサポート体制を整えてくれているエルゴはやっぱり信頼できるメーカーだと再認識しました。

抱っこ紐は毎日かかさず使うものなので、二人目の出産準備品として新しいものを買っておいてもよかったかなといまさらながら思います(笑)

ただ、今回幸いだったのは、

●息子を装着しているときの故障でなかったこと(落下事故にならずよかった)

●出先での故障じゃなかったこと(外出先で壊れていたらと思うと末恐ろしい…)

無事に、バックル交換できたことで当分こんなエルゴの故障がないかと思うとほっと一安心です。

でも一番いいのは、壊れるまえに新しいものを用意しておくに越したことはないですね。



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする