【埼玉県さいたま市】お食い初めをお店でやったら最高だったからレビューします




こんにちは、さくらまんじゅうです。

先日、すかいらすかいらーくグループの和食レストランの藍屋さんで息子の生後100日のお祝いであるお食い初めをやってきました。

4年まえの上の娘のときは、自宅で料理をすべて手作りして行いましたが、今回は藍屋さんでやってきたのでそのときのことを詳しく書いていきます。

「お食い初めを藍屋でやりたい」

「お食い初めを藍屋でするのにかかった費用を知りたい」

こんな方に向けて書いています。

スポンサーリンク






なぜお食い初めをレストランでやったの?

上の娘のときに自宅でやって大変だった

我が家には、4歳になる娘がおります。

4年前の娘のお食い初めは自宅でおこないました。

お食事などの必要な準備はわたしがすべて自分で用意しました。

食器は、漆器の代わりに友人たちから出産祝いにル・クルーゼ ベビーの食器セットをいただいたのでこちらを使いました。

女の子なのでピンクをチョイス。すっごく可愛いです。

考えてみたらわたしのル・クルーゼ好きはここからはじまったのかも。

6か月ころからはじまる離乳食にも使えますし、4歳になったいまでも現役で活躍中です!

はじめての子供だったのでわたしも最初は気合を入れて、お食い初め専用の漆器を購入することも考えました。

〈男の子用〉

〈女の子用〉

※男の子と女の子で使う食器が異なります!

しかし、たまたま出産祝いで頂いたル・クルーゼの食器を使いたかったので代用するかたちになりました。

いまでも娘も気に入っていて、果物やおやつを入れるのに毎日使っているので(うちの娘は無類の果物好きです)

うちの場合はル・クルーゼにして正解だったなと思います。

ル・クルーゼはつくりも丈夫で、オーブンにもレンジにも問題なく使えるのでこれからも長く使っていけそうです。

▼わたしのル・クルーゼ愛について語っています♪

こんにちは、さくらまんじゅうです。 わたし、毎日のご飯作りが家事のなかで一番好きなんです。洗濯もわりと好きです。掃除だけは大っっ嫌いで...

それにしても大変だったのはお食事の準備でした。

一汁三菜。

一汁にはハマグリのお吸い物、三菜の煮物には筑前煮、香の物にはきゅうりのお漬物を、魚は近所のヤオコーで鯛をお造りにしてもらいました。

鯛は、塩焼きにするのが一般的ではありますが、義理の両親も招いてのお食い初めだったのでお刺身のほうがみんなで食べるのには取り分けやすいと思って塩焼きにはしませんでした。

お造りは、お食い初めの数日まえにヤオコーに電話で予約しておきました。

お頭もちゃんと残して綺麗に盛り付けてくれていたので見栄えもよかったです。お値段も2,000円ほどだったのでとってもおすすめです!

それから生まれてはじめてお赤飯を炊きました。

炊くといってもこちらで簡単に…

これ、お米研いでお水といっしょに炊飯器にいれるだけでお赤飯ができちゃうのです。

手軽でとても美味しかったのでそれ以来まとめ買いして常備しています。

いやーそれにしても全部ひとりで準備したので、ほんとうに大変でした。

当時は自分で用意するという発想しかなかったし、頂いた食器も使いたかったので全部自分でやりましたが、家でやるなら食事だけ通販するという手もあるということをあとから知りました。

【博多久松】九州・博多の美味いものを取り揃えています!

↑美味しいモノが多い九州の博多。ここはお食い初めセットがお取り寄せできるので、ついでに大人はもつ鍋をここから一緒に頼むってのもいいなと思いました。

自分で全部用意したかったもう一つの理由としては、義理の両親をもてなすということで、ちょっと見栄を張って料理をがんばりたかったというのもあったんですよね(笑)

買い出しにいく時間がなかった?

今回は、準備する時間がとれなかったのです。

子供が二人にもなると長い時間キッチンに立っていることが難しい・・・いいえ、違います。甘えですよね、やろうと思えばできたのです・・・だからほんとうの理由は・・・外食したかったんですよね、わたしが(笑)

息子が生まれてからずっと家ご飯だったのでこれをいい機会に外でご飯を食べたかったのでお食い初めをレストランでやろうと決めたというのが本音です!

もともと料理をすることは大好きなのでできれば今回も自分で用意してあげたかったのですが、疲れもたまっていたので潔く断念することに(笑)

息子よごめんね~1歳のお誕生日はがんばるからねー!

お食い初めを藍屋さんでやってきました

1週間まえに店舗で予約をした

たまたま近所に和食レストランの藍屋さんがあったので今回のお食い初めはこちらでお願いすることにしました。

ファミレスよりカジュアルでもなく、かといって料亭ほどかしこまっていないので七五三や、賀寿のお祝い(長寿のお祝い)で使われる方も多い、とても使い勝手のいいお店です。

我が家も何度か利用したことがありますが、今回は赤ちゃんを連れての食事だったので座敷の様子も下見しておきたかったこともあり店舗に伺って予約してきました。

完全個室はない店舗だったので、座敷の奥の広い席をパーテーションで仕切って使わせてくれるとのこと。

お食い初め御膳の予約については

●お食い初めをする本人の性別(器の準備のため)

●祝い鯛は姿造りか姿焼きか選択(今回は姿焼きで注文)

などの打ち合わせを店員さんと簡単に済ませました。

※3日前までの予約が必要です。3日前に改めて予約確認のお電話をいただきました。

予約の時間は、日曜日だったので混雑した時間を避けた14時からにしました。

予約の段階では、食事の予約はお食い初め御膳のみ。人数分のコース料理を注文しないといけないなどの条件はないため、あとの食事は当日決めればOKです。

ここが地味にポイントだと思いませんか?

お食い初めプランを用意しているレストランはよくありますが、人数分のコース料理を事前に注文しないといけなかったり、一人あたり○○○○円以上の食事を選ばないといけなかったりと縛りが結構あるんですよ。

せっかくならそれぞれ好きなもの選びたいですよね。

そしてなによりこういうプランてすごく高くつくんですよね。

その点、藍屋さんはとても良心的でありがたかったです。

藍屋でのお食い初めの口コミと値段

当日は、14時ちょっと過ぎころに入店しました。

座敷の8人用のスペースが用意されておりました。

ちなみに予約人数はわたしたち夫婦2人と幼稚園年少の娘と主役の3か月息子の、大人2名子供2名です。

「ねんねさせてあげてくださいね」と店員さんが贅沢にお席を確保してくださいました。

ほんと素晴らしいホスピタリティに感謝です。

席に着くとすぐにお食い初め膳を運んでよいか聞かれ、お願いすると待つことなく食事の用意をしてくれました。

その間に、3人分のメニューを決め注文。

大人の食事を待つ間にお食い初めの儀式をやるといったかんじにしてもらえたので全く無駄な時間がなく、段取りがとてもよかったです。

こちらが気になるお食い初めのお食事たち。

↑男の子用「お食い初めお祝い膳」歯固めの石は梅干しで代用されていました。本物の石を使い回しされるよりよっぽど衛生的で好印象です。

↑キノコのお吸い物

↑鯛の姿焼き

測ってみたところ30cmありました。下に敷いてあった葉はフェイクではなく本物です。玉子焼きと切り干し大根の煮物の付け合わせがついています。ほんのり温かかったので、予約開始時間に合わせて焼き上げてくれていたものと思われます。

↑煮物(大根、エビ、人参、いんげん)

↑お漬物

↑お赤飯 ※栗入り

↑始めからお持ち帰り用にお箱にいれて用意してくれます。17cm四方での箱で、軽く1合くらいの量かなと思います。栗いりのお赤飯ははじめて食べましたが甘くてとっても美味しかったです。栗には「勝ち栗」といって運が開けるようにという意味があります。栗が入っていることで高級感がでていてよかったです。

↑お赤飯と鯛の姿焼きは、お食い初めの儀式が終わったらすぐにお持ち帰り用に詰めていただきました。このように風呂敷柄の和紙のようなもので包んでくれました。

↑鯛も丁寧にお箱にいれてくれました。

お食い初め膳のお値段は5,000円(税別)でした。

相場よりすこし高いかな?とも思いましたが、思った以上に鯛は立派でしたし、お赤飯はちゃんと蒸しあげて作っている感じで美味しかったので、このお値段でも満足です。

そしてなにより以前に大変な思いをして自分ですべて準備したことがあるからなおさら、手間と労力を考えたらコストパフォーマンスに申し分はありません。

※鯛の姿焼きはそのまま食べるのには大きくて飽きてしまったので、残りは丁寧に身をほぐして鯛茶漬けにしてすべて綺麗にいただきました!おいしかった~!!

お食い初めにかかった費用

今回、我が家が藍屋さんで行ったお食い初めにかかった費用の総額は9,000円でした。

内訳は、

●お食い初めお祝い膳 \5,000

●大人ランチセット2つ(一人1,000円くらい)

●お子様ランチ1つ(クーポン使用)

●ノンアルコールビール1本(わたしが飲みました笑)

ちなみに今回お食い初めをやったのは日曜日でした。

藍屋さんは土日祝日もランチメニューがあります。

ご飯が4種類から選べてなおかつおかわり自由です。(ご飯の種類も変えられます。わたしは4杯食べました!)

お食い初め御膳のプランがあるレストランを見ると、お食い初めセット単品の相場はだいたい2,000円~3,000円のところが多かったです。

しかし別にプラスして人数分のコース料理を頼むことや、一人○○○〇円以上注文するなどの条件もあったりするので、単純にお食い初め御膳単品のお値段だけでお店選びをするとうっかり予算オーバーする可能性もあるので注意が必要です。

※藍屋さんでは、祝い鯛単品の注文もできます。姿焼きもしくは、姿造りからえらべて両方とも3,800円です。こちらも3日前までの予約が必要にはなります。自宅でのお食い初めの際には、ほかのお料理は自分で用意して鯛だけはお店にお願いできるのはいいですよね、単品注文ができるのは助かります!

まとめ

このような行事は、一生に一回のことだしケチケチしたくはないけれど、本人自体まだ記憶にないことなのでできるだけお値段はおさえつつでも記念には残してあげたいんですよね。

娘のときは家でやったお食い初めを、今回はお店で行ったことで店員さんに家族4人そろった写真も撮ってもらえたことも嬉しかったです。

家族全員そろった写真ってなかなか撮れないですもんね。とってもいい記念になりました。

ちなみに、藍屋さんはすかいらーく系列なのでアプリを事前にダウンロードしておくことをおすすめします。

今回は、お子様ランチとから揚げをお得に食べられました♪

藍屋でのお食い初め詳細はこちら



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする